仙台のワードプレス専門ホームページ制作会社

仙台(宮城)のワードプレス専門ホームページ制作会社|ジテキマーケティング

ワードプレスクリックされる記事のタイトルの付け方画像

SEO コンテンツマーケティング

【実例有】記事タイトルは初心者でも「5つのルール」を守るだけで劇的に変わる!

投稿日:2017年8月25日 更新日:

初心者の方がワードプレス等でブログを始めて「コンテンツマーケティング」をやろう!
という時についつい疎かになりがちなのが「記事のタイトル」です。
実は記事タイトルをちょっと工夫するだけで成果が劇的に変わる事を知っていますか?
この記事では初心者のあなたでも今日からクリックされる記事のタイトルの付け方を解説します。

そもそも記事タイトルとは?

ワードプレスでの記事タイトルとは記事投稿画面の下記の箇所に入力した文が記事タイトルとなります。

ワードプレス投稿記事タイトルの付け方説明画像

ワードプレス編集画面のこの部分です。

ここに入力した文言が様々な媒体で「記事タイトル」として表示されます。

 

なぜ記事タイトルが重要なのか?

それは情報を探している人は記事タイトルを見てしかその記事を読む(クリックする)かどうか判断できないから。です。

ワードプレス記事タイトル設定後グーグル検索画面での表示例

あなたがワードプレスの編集画面で入力した記事タイトルは上記のようにグーグルの検索画面に表示されます。

あなたがどれだけ素晴らしい内容を記事に詰め込んでもインターネットの世界では 「記事タイトル」 が魅力的でないとクリックしてもらい記事の中身を読んでもらえません。

また近年はSNSが発達していますので書いた記事をツイッターやフェイスブック等のSNSに投稿する際も基本的にはワードプレスで設定した記事タイトルがそのまま使われます。

つまりあなたがせっかく時間を掛けて書いた記事がタイトルの付け方を間違うだけで記事へのアクセス数は全く変わってくる訳です。

 

アクセスして読んでもらえる記事タイトルの付け方の5つのルールとは?

記事タイトルの重要性が分かったところで初心者の方でも分かる記事タイトルのルールをお教えします。

記事タイトルの付け方ルール5点

  1. その記事を読む事でユーザーが何を得れるかメリットを明確に伝える
  2. 記事のターゲット層を明確にする
  3. 数字等具体的に想像出来る単語を入れる
  4. タイトルに検索で狙うキーワードを入れる
  5. 記事タイトルの文字数は35文字以内

この5つのルールを守るだけで初心者の方でも魅力的なクリックしたくなる記事タイトルが付けられるようになります。

それぞれ詳しく説明していきます。

①その記事を読む事で検索ユーザーは何を得れるかメリットを明確に伝える

これが何より大事です。
記事タイトルを見るだけで情報を求めている人が何を得れるかをしっかりと伝える事でクリックされる率が劇的にアップします。
とにかく記事は情報を求めている人の為に書く。という点が大事なポイントです。

②記事のターゲット層を明確にする

せっかく書いた記事でもターゲットの層の人に読んでもらえなければサイトに来た人の満足度は上がりません。
記事のタイトルからターゲット層をしっかりと伝える事でその記事にマッチした人に記事を読んでもらい満足してもらう。という事です。

③数字等具体的に想像出来る単語を入れる

人は数字を見ると脳が勝手に考え出す。という習性があります。
「売上上昇中!」よりも「売上150%アップ」と書く事で勝手に脳が150%という事は1.5倍か…元々いくらだったのだろう?等と働き出して重要な情報だと認識します。
まぁ簡単に言うと 「数字は目を引く」 という事です。

④タイトルに検索で狙うキーワードを入れる

これはSEOの観点からも非常に重要ですがクライアントさんでも意外と出来ていない方が多いポイントです。
Googleの検索エンジンは記事のタイトルを分析してこのページはどんな情報のページかという事を分析します。
そして設定したキーワードとの関連性を分析しそのページがグーグルの検索ユーザーにとって有益だと判断すると検索順位を上位に表示します。
検索流入を狙ったキーワード 「一言一句間違わず」 しっかりと記事タイトルに入れましょう。
シンプルな事ですが意外と忘れがちなのでしっかりと抑えておきましょう。

⑤記事タイトルの文字数は「35文字」以内

一般的には32文字~35文字の間が最適と言われています。
しかし近年スマホでウェブを見る機会が増えているのでスマホの事を考えるとスマホでの検索結果の記事タイトル表示文字数は20文字~25文字程度なのでスマホで伝えたい重要な事はなるべく文章の前半に配置しましょう。

 

【ポイント解説付き】記事タイトル実例ご紹介

それでは私が実際に「記事タイトルの5つのルール」を元にクライアントさんにアドバイスをした実例を解説付きでご紹介いたします。

CASE:1「自転車 ダイエット」記事タイトル

  • before:自転車ダイエットするのにおすすめな自転車
  • after:30代男性実践!メタボに効く自転車ダイエットならこの5つの車種がオススメ!

~ポイント解説~
アドバイス前のタイトルでは「記事を読む対象者」が明確になっていませんでした。
その点を「30代男性」とターゲットを明確に指定しました。
またこの記事を読む事でどんなメリットがあるかという事を「自転車、ダイエット、5つの車種」という単語を入れる事で最近太り気味な体をこの記事でオススメする5つの車種から選んだ自転車に乗る事で痩せられる。という事を伝えてあります。

CASE2:「ランチ オススメ」の記事タイトル

  • before:【絶対おすすめ!】実際に私が行ったオススメのランチのお店!
  • after:【写真有】インスタ映えする500"いいね!"が付いたカフェランチ5選

~ポイント解説~
アドバイス前のタイトルでは「記事を読む対象者」が明確になっていませんでした。
ランチと言っても様々あります。新橋のサラリーマンランチの可能性もありますしその記事にどんな情報が入っているか分からないタイトルでした。
そこで「カフェランチ」と「インスタ」という単語を記事タイトルに入れる事で20代女性向けの記事という事が一目で分かるタイトルに改善しました。
またこの記事を読むメリットは何と言っても「インスタ映え」して「いいね」が800も押してもらえる!という点です。
また【写真有】という単語を入れた事で思わずクリックして記事の中身を見たくなる記事タイトルにありました。
実際にこの記事タイトルだったら私も思わずクリックしてしまいそうです。

 

CASE3:「ミドリガメ 飼い方」の記事タイトル

  • before:ミドリガメの飼い方についてあなたは知っていますか?
  • after:飼育歴10年の俺が教えるミドリガメの飼い方について知っておいて欲しい5つの事

~ポイント解説~
アドバイス前のタイトルでは「記事を読むメリット」が明確になっていませんでした。
改善アドバイス後の記事ではまず「飼育歴10年の俺」と伝える事でかなり飼育歴の長い"プロ級の男性"がしっかりと教えてくれるという期待が持てます。
また「5つの事」と入れた事でこの5箇所のポイントを押さえるだけで良いんだ!という手軽感、誰でも出来るという事が伝わります。
10年や5つのポイント等を数値で示す事でより具体性が増し記事を読んでみたい!という欲求が生まれます。

 

まとめ

実際に書いてある記事の内容は一緒なのに記事タイトルを変えるだけでクリックされる確率が大きく上がります。
記事タイトルを付ける際には5つのルール

  1. タイトルに検索で狙うキーワードを入れるその記事を読む事でユーザーが何を得れるかメリットを明確に伝える
  2. 記事のターゲット層を明確にする
  3. 数字等具体的に想像出来る単語を入れる
  4. タイトルに検索で狙うキーワードを入れる
  5. 記事タイトルの文字数は35文字以内

これを意識して魅力的な記事タイトルを付ける事を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-SEO, コンテンツマーケティング

Copyright© 仙台(宮城)のワードプレス専門ホームページ制作会社|ジテキマーケティング , 2019 All Rights Reserved.