仙台のワードプレス専門ホームページ制作会社

ジテキマーケティング

最近よく聞くワードプレスとは?初心者でもホームページ作りが出来る?

ワードプレス

最近よく聞くワードプレスとは?初心者でもホームページ作りが出来る?

投稿日:2019年3月20日 更新日:

ホームページを作るときによく耳にする「WordPress(ワードプレス)」ですが、「そもそもワードプレスって何なの?」というの方も多いのではないでしょうか。今回は初めてホームページを作るという方でも理解できるようにワードプレスついてに解説していきます。

ワードプレスとは?

ワードプレスとはCMS(Contents Management System)の1種で、ベース部分はオープンソースで無料で提供されています。CMSとはWebサイトを管理・更新できるシステムのことです。通常、Webサイトを作成したり公開したりするにはHTMLやCSSという知識が必要ですが、ワードプレスは、専門知識がなくても簡単にブログの更新やホームページの設定を変えることができるます。そのため最近では、個人のブログから企業のサイトまで幅広く利用されています。Webの専門知識がない人でもWebに記事を公開できるため、現在世界中にあるホームページ(ウェブサイト)のうち35%以上はワードプレスで制作されています。

ワードプレスが多くの企業などに使われる理由は下記の通りです。

テンプレートが充実

無料のものから有料のものまでたくさんのデザインテーマが用意されています。さらにデザインテーマの変更も気軽にできますので、常にSEO対策がとられた最新のテーマを使うことも可能です。

プラグインが豊富

プラグインとは、WordPressをカスタマイズするためのプログラムです。SNSのシェアボタンを設置やお問合せフォームなどの機能を手軽に追加できます。

情報が手に入りやすい

世界中の多くの人たちに利用されていますので、ワードプレスに関する情報は非常に多く公開されていますので、何か困ったことがあってもGoogle検索で大体の事が解決できます。

このような理由でワードプレスを理由する個人や企業が増えています。

ワードプレスのメリットとデメリット

ワードプレスは、使いやすさから世界トップシェアを誇っています。そのワードプレスを利用する上で、どのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのか、ご紹介します。

メリット

ワードプレスのメリットは上記でもご紹介しましたが、他にもメリットはあります。

ブログを書く感覚でホームページ運用ができる

ワードプレスはブログのような感覚で簡単にページを作成したり追加したりできるため、基本的に難しい専門知識がなくてもホームページの運用ができます。

グーグルのSEOに非常に強い(最適化されている)

ワードプレスで作られたサイトは、Googleのクローラーがクロールしやすい構造を持っています。そのため検索エンジンでは、ワードプレスで作られたページは見つけやすくなり、上位に表示されやすくなるということになります。また表示速度が早く、パーマリンクや画像を最適化することができるため、SEOに強いという特徴があります。

自分で自由にホームページを作れる

カスタマイズの自由度が高いワードプレスなら、クレジットカード決済や商品カートなどの機能もプラグインで追加できます。

様々なテーマを選びホームページを制作できる

世界中のデザイナーがテーマを無償で提供しています。テーマのジャンルは、カジュアルなもやお洒落なデザインのもの、企業向けサイトにも使える落ち着いたものなど、種類は豊富です。また有料テーマは無料のテーマに比べると、デザイン性や機能性が高くなっていますので、クオリティも上がります。

デメリット

続いては、デメリットについて見ていきましょう。

最低限の知識は必要

例えば、コンテンツのレイアウト(配置)や、画像、テキスト、画像といった単純なレイアウトであれば、簡単に作成できるのですが、2つの画像を横並びにしたり、基本設定の配色を変更したりするときは、ある程度の専門知識が必要になります。設定画面を間違えるとホームページが表示されないこともありますので、ある程度のウェブサイト構築の知識が無いと初期導入が難しいと言えます。

細かいSEO対策は自分で行う

ワードプレスには基本的なSEO対策をする機能はありますが、細かな設定は自分で行う必要があります。SEO設定は、サイト運営の戦略に大きく影響します。SEO対策ができないとなると、せっかくホームページを作っても集客できない可能性があります。

サーバーやドメインは自分で用意する

ワードプレスでホームページを作成するには、サーバを借りたり、独自のドメインを取得したりする必要があります。サーバによってはワンクリックでワードプレスをインストールできるものもありますので、ワードプレスを利用する場合は、サーバへのインストールがワンクリックでできるのか、ドメイン設定が簡単にできるのかとチェックすることをおすすめします。

月々の運用にお金がかかる

サーバを借りると毎月サーバー代が発生します。また、独自のドメインを取得するとランニングコストがかかります。さらに、有料のテーマを購入したりすれば、その都度費用は発生します。

実際に使ってみるとその便利さや自由度の高いコンテンツが作れることがわかりますが、毎月の費用はどうしてもかかりますし、サイトを制作するには、ある程度の知識も必要となります。

ワードプレスで制作されたホームページ実例

日本で最も普及しているワードプレスは、多くの有名企業で導入されています。そこで、どういった企業が導入しているのか、WEBサイトをご紹介しながら導入ポイントなどを説明していきます。

クックパッド

クックパッド 画像
日本最大のレシピコミュニティサイト「クックパッド」を運営する会社でもワードプレスを採用しています。シンプルなデザインで、トップページに表示される「お知らせ」や「IRニュース」などの情報は、「誰でも更新できる」というWord Pressの特性を生かした構成になっています。

チームラボ

チームラボ 画像
最新のテクノロジーを駆使してシステムやデジタルコンテンツの開発を行い、次世代のアートとして有名なチームラボのホームページは、「実験と革新」をテーマにしています。チームラボのイメージした色鮮やかで遊び心あふれるデザインを全面に押し出すことで直感的に企業の雰囲気がイメージできるようなデザインになっています。

ゾゾ

ゾゾ 画像
ファッションECサイト「ZOZO TOWN」を運営するを株式会社ZOZOでもワードプレスを利用しています。サイト内はニュースやサービスのほか、株主や投資家向けの情報、採用情報といった非常にシンプルな構成になっています。

ブランドバイヤー

ブランドバイヤー 画像
中古品及び新品のブランドバッグや小物、時計、貴金属などを買取しているブランドバイヤーでは、多くの商品が中古品のため、商品の状態を確認しやすいように写真を多く掲載しています。ハイブランド商品の取り扱いもあるので、高級ブランドのイメージを損なわないようシンプルなデザインに仕上げています。

ワードプレスでホームページを作成した際の費用

では、実際にワードプレスでホームページを制作した場合、どれくらい費用がかかるのでしょうか。当社の制作費をご紹介します。

自分で制作 当社
サーバー代 月額¥1,000程度 月額料金に含む
ドメイン取得費 ¥2,000程度 月額料金に含む
テーマ・プラグイン更新 無料(自己判断の必要有) 月額料金に含む
ホームページ初期制作 有料テーマ分の料金(1万~3万程度)・自分の時間 20万円(税別)
SEO対策 無料(知識が無いと難しい) 初期制作費に含む
セキュリティー対策 無料(知識が無いと難しい) 初期制作費に含む
常時SSL対策 無料(知識が無いと難しい) 初期制作費に含む
プラグイン導入 無料(知識が無いと難しい) 初期制作費に含む
合計 2万~3万円程度と自分で調べる膨大な時間 初期費用:20万円(税別)
月額:5千円(税別)
お客様に合った最適なプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

ワードプレスとは、ホームページ制作が初めての方でも比較的簡単に作ることができる便利なシステムです。しかし、デザイン重視の方や管理の手間を少なくしたいという方は制作会社に依頼することをおすすめします。開設したホームページはその企業やショップの“顔”になりますので、これからワードプレスを導入してホームページを制作したい方は、さっそく制作会社に見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ワードプレス
-,

Copyright© ジテキマーケティング , 2019 All Rights Reserved.